節約がもたらす息苦しさ

お金は生きていくうえで大切なもの。
不幸にならないためにもしっかりと貯めておくものなのですが

GWも終わり、今年ももう半分辺り…

今年こそお金を貯めるぞ! 
と意気込んでた新年の誓いがもろくも崩れ去ろうとしてはいませんか?


お金がないと人は動けません。
お金はないけど幸せというのは幻想だとおもいます。

--- 若い時にはこんな時もあったかなぁ (〃艸〃)ムフッ



なので誰もが、人並みの暮らしがしたい!お金持ちになりたい!と一生懸命働き、
節約にも頑張ります。


ここで、一生懸命働くのは良しとしましょう。


だけど、節約にばかり走っていたら
楽しくないですよね 。

スポンサーリンク





節約で息が詰まる?


毎日の献立に頭を悩ませ、
1円でも安いスーパーに買い物に行ったり、


電気をこまめに消したり、トイレの水タンクにペットボトルを投入したり、
暑い中でも扇風機で過ごしたり
髪も自分で切り、スキンケアも安い100均ですませたり…


いろんなことをマメにやってみたところで
年間いくらの節約になるのだろう。


79e452da8d3a9ccaf899814db5de9b76_s.jpg


鬼の形相で貯めたお金がウン百万と聞くと
それはそれで尊敬に値しますが、ほとんどの家庭では、頑張ったほど貯まってないというのが現状ではないだろうか。


楽しくない節約は、かえってストレスになりお金がたまらないです。


だからといって思いつくままお金を使っていたら
生活は成り立ちませんね。


ツライ、我慢、忍耐といった悲壮感さえ漂いがちな節約ですが、
「辛い」イメージの節約を「楽しいこと」に底上げさせる思考を自分の中に組み込んでいく必要があります。


ではどうする…!?


関連記事
●毎日の口癖で金運・仕事運・恋愛運が良くなります
●自分はもっと幸せになる価値があると思う生き方
●お金と幸せは別物



クリックに感謝です。ありがとう~

にほんブログ村
br_c_1406_1.gif
人気ブログランキングへ



この記事へのコメント