未分類

話せない(話さない)人の方が思いは切実!

一人でスマホで遊ぶ女性

今年は冷夏ですかね。

 
気温も30度から上がらず
26~28度くらいを行ったり来たり・・・

 
暑さに弱い私には恵みの梅雨空だけど
こう、長く続くと、灼熱の太陽が恋しくなるという都合のいい理由を並び立ててしまいます。




出端をくじかれた蝉

蝉も今か今かと出番を待っているだろうに、
鳴き声もまったく聞こえない。

 
ところで、蝉と蛍は、はかない命の象徴とされていますが、
蝉と蛍が出てくる諺があります。

「鳴く蝉よりも 泣かぬ蛍が身を焦がす」

【意味】
激しく鳴く蝉よりも、鳴くことのできない蛍はかえってその思いの激しさから
まるで身を焦がすように光ってる。

 
「音もせで思ひに燃ゆる蛍こそ 鳴く虫よりもあわれなりけり」(後拾遺和歌集)

【意味】
声にも出さず、ただひそかな思いに燃えて飛ぶ蛍こそ
声に出して鳴く虫よりも哀れ深いというものだ。

 
いずれも、口に出してあれこれ言うものより
ジッと耐えている者の方が思いは切実である。という意味です。

口に出せない思いは切実で深刻

人間の世界もそうです。

登校拒否やいじめ、引きこもりが増えてる昨今。

 
口に出すことも、伝えることもできない人の心中を思うと、
口に出して他愛のない話をしたり、愚痴を言えることは、とても幸せなこと。

 
いつでも話せる環境を作ってあげることは
家庭や職場、学校においても大事なことだと思います。

 
いまも冷夏で鳴くことのできない蝉は、
蛍のように身を焦がしながらじっと出番を待ち焦がれていることでしょう。

 
おせっかいかもしれないけれど、
蝉のためにも、夏らしい気候が早く訪れるといいなって思ってしまいます。

梅雨はもうしばらく続くようです。




クリックが励みです。ありがとう~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ

にほんブログ村
br_c_1406_1.gif
人気ブログランキングへ