マインド

思い込みに“応援グッズ”を加えることで心が安らぎます。

人は誰でも大なり小なりの
悩みや苦しみを抱えて生きています。

 

「苦しい時の神頼み」という言葉があるように、
神社仏閣にお参りし、
お守り札をいただき身につけると、
心が平静になる
ということはよくあることです。

 
スポンサーリンク


なかには、神仏を全く信じないという人もいますが、
厄払いや厄落とし、七五三参り、お宮参り、安産祈願、合格祈願など
日本には遠い昔から、多くの人が“お守り”によって
心の安らぎを得ているのは確かなことです。

 

“縁起もの”や“お守り”は、
最も身近で代表的な開運応援グッズといえるでしょう。

 

実際、わたしも、腕にはタイガーアイのブレスレットをし、
家族とペットの写真を携帯にいれています。

 

悲しい時や苦しい時、不安に負けそうな時は、
その写真を見て、自分を励ます言葉を口にします。

 

旅に出る時や不安な場所に行くときは
粗塩をバッグやポケットに忍ばせます。

 

キッチン東側の壁には、赤い太陽が昇っていく
朝の浜辺の写真を飾っています。

 

その写真をジッとみていると、
心の底からやる気が出てくるので
まさに私の“応援グッズ”といえます。

 

どんな逆鏡のある時も「必ずよくなる」と思い込み、
思い通りにならない時でも、
「うまくいった」「まだこれがある」と思い込んでみます。

 

何でもいいから自分なりの“縁起”を担ぎ
そして嵐が通り抜けるのをジッと待つのです。

 

不安な時には、思い込みに“応援グッズ”を加えてみることで
心の安らぎを得る
ことができます。

 

関連記事
●風水的開運・金運グッズの効果的な使い方
●不安な場所や空間には粗塩を!
●盛り塩効果!作り方 やり方 器について

スポンサーリンク


クリックが励みです。ありがとう~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ

にほんブログ村
br_c_1406_1.gif
人気ブログランキングへ