健康運風水

お米は神が宿る最強のパワーフード

11月に入り朝晩はめっきりと寒くなってきました。

今日は11月1日。
毎月1日と15日は神様とご縁が深くなる日ですね。

 

神棚のお米とお水、お神酒と榊を新しいものに取り換え
家族安泰を祈ります。

 

ところでスーパーでは新米が出揃い、
我が家でも毎年、契約農家の田んぼで
採れた新米を、知り合いから頂きます。

 

11月23日には宮中祭祀のひとつ新嘗祭もあり
全国の神社では、新嘗祭(にいなめさい)が執り行われ、
お米の国、日本ならではの行事といえるでしょう。

 

スポンサーリンク


お米には神様が宿っている

神様が喜ぶ食品は「お米」と「塩」

 

なかでも三角おにぎり
最強の厄落としフードです。

 

何故かというと、

・塩は「水」
・米は「土」、
・おにぎりを握る行為は「木」
・おにぎりの形は三角形で「火」
・おにぎりの白色は「金」

 

というように、
陰陽五行のすべての性質を兼ね備えているパワーフードだからです。

 

風水では、
「陰」と「陽」のバランスを大事にします。

関連:陰陽のバランスは風水の基本
関連:五つの気!五行

 

太陽と大地の恵みを受けて育ったお米は、
陰と陽の中間の性質を持っているため
陰陽のバランスがとても良く、
薬膳では気を補う食品なのだそうです。

 

お米の一粒一粒には、
神様が宿ってると聞いたりいわれたことありませんか?

 

神饌(しんせん)をいただくことは
神様のご加護をいただくということ。

 

例え、家に神棚がなくても、
お米に感謝をして楽しく食事をすることは
神様のご加護を受けることになるので喜ばしいことなのです。
 
スポンサーリンク



 

クリックに感謝します。ありがとう~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ

にほんブログ村
br_c_1406_1.gif
人気ブログランキングへ