季節の行事

3月は別れの季節!ハンカチが別れを意味するわけとは!

この季節は、卒業、卒園、会社では転勤や移動がある時期。

 

お世話になった先輩、上司や同僚には、
布製のものや香りのアイテムを
お花と一緒に
贈って差し上げてください。

 

布や香りには縁をつなぐという力があるので、
遠く離れていても縁が切れずに続いていきます。

スポンサードリンク

おススメは「ハンカチ」や「タオル」

ところで、ハンカチって別れのしるしみたいにいわれてますが、
贈ってもいいのかなって心配になりますよね。

 

ハンカチは何故、別れの意味に使われるのでしょうか。

ハンカチが別れを意味する訳とは

ハンカチのことを日本語で「手巾」と言います。
読み方は「しゅきん」または「てぎれ」と読みます。

 

この「てぎれ」が「手切れ」に通じることから
「ハンカチを贈るのは別れを表す」となったわけです。

 

贈り物というのは
「祝いや感謝などの気持ちを形に代えて贈ること」ですよね。
 
つまり「贈る側の気持ちをどのようなもので
表せば相手に喜んでもらえるか?」と
心を砕いて選ぶことに意味があります。

 

気持ちそのものは贈ることが出来ないので、
何らかの形を与えて表現するわけです。

 

ハンカチは、普段の「ありがとう」や
「ご苦労様」の気持ちを伝えるにはとてもいいんですよ。

 

学生や社会人の人には、お弁当を包んだり、
これから汗ばむ季節になるので
汗を拭くのにハンカチは必需品でしょ♪

 

「あなたに似合いそうな素敵なハンカチを見つけました。是非使ってくださいね」

 

と、あなたの想いを伝えられるなら
なにひとつ問題になることではありません。

 

また、香りといえばお香ですが、
お香を焚く時にでる煙は、悪い気を浄化する働きがあります。

 

自分の運を叶えたい時やリセットしたい時にも、
お香を焚くといいです。

 

新しい人生のスタートにふさわしい、浄化作用のある
ミントやユーカリ、セージなどがお勧めです。