バス・洗面所・トイレ

風水ではトイレに絵を飾り良い香りで満たし明るくするのがいいらしい。

風水では「気」をとても大切にします。

良い気を常に取り入れる環境にすることで
幸運を呼ぶことができるとされています。

風水を難しく考えず、自分が心地よいと思える環境にしていくことで、
誰でも開運になり幸福になれます。

風水でのトイレの開運について解説しますね。

スポンサードリンク

トイレに絵を飾る

お金持ちの家と貧乏な人の家で大きく違うのがトイレ。

何が違うってね 雰囲気が全く違うんですよね~

お金持ちのトイレには絵が飾られてたり、バスマットの色が暖色系だったり、
とにかく清潔で暖かい雰囲気があります。

反対に貧乏な家のトイレは、殺風景で寒々としています。
マットが古びて汚れてたり、壁も窓も殺風景で冷たい印象。

そういうことで、開運とトイレには深い関係がありますから、
自宅の運気アップを目指すなら、まずはトイレから見直してみるといいですね。

ところで、トイレに飾る絵画って何がいいのかなって悩みますよね。

何がいいのか、どれがいいのかと迷ってしまったときは、「金運の泉」を飾ってみてはいかがでしょう。

こちらの絵画は、風水で縁起が良いとされている
正八角形をした、金色の額縁におさめられています。

また、全体的に金運の象徴である黄色を基調とした
色合いとなっているため、金運アップを狙いたい方に特にオススメです。

トイレを良い香りで満たす

トイレのフタを開けっぱなしだと、悪臭の原因になります。
必ず閉めて臭いの元をシャットアウトしていますか?

排泄物の悪臭によって悪い気が貯まりやすいのがトイレです。

健康運にも障りが出るので、最近なんとなく体調がすぐれない という時は
トイレを見直してみるといいでしょう。

風水で健康運を上げるためにトイレの掃除が大切だという訳!トイレは昔ご不浄と呼ばれ、排泄行為をするところ、つまり風水では”厄落とし”空間です。 トイレは水を使っていることで湿気がたまりやすい上、 衛生的に見ても陰気が充満する場所なのでどの方位にあってもあまりよくありません。 風水では「鬼門」や「裏鬼門」にトイレがある家は注意が必要だといわれています...

トイレは尿のアンモニア臭など嫌なニオイが発生しやすい場所です。

このような悪臭は、風水でも災厄につながると考えられているため、
常に気持ちの良い香りを漂わせることが開運になります。

トイレを開けた時に、嫌な臭いを感じたら、
窓を開けて換気を行い、

窓がない場合は、換気扇を回したり、
芳香剤や香りのよい生花を飾ったり、消臭剤を置いたりして臭い対策をしてください。

アロマやフレグランスを置いたり、
炭を置くのも悪い気を浄化して臭い対策にもなります。

トイレにおすすめのアロマオイル
トイレにおすすめの香り(アロマオイル)は何がいい?トイレは尿などのアンモニア臭によって嫌なニオイが発生しやすい場所なので 常に気持ちの良い香りの空間にすることが大切です。 トイレは「厄を落とす」ための場所で「ご不浄」と呼ばれ、昔は家の外にありました。 悪臭は、災厄につながるため、良い香りで満たし気持ちの良い空間にしましょう。 トイレの芳香剤としておすすめの天然アロマをご紹介します。...

トイレは明るくする

薄暗いトイレってありますよね。

リビングやダイニングじゃないんだから、
トイレは煌々と明るくしない方がいい。という方もいますが
トイレは照明を明るくすることをお勧めします。

暗いと、ゴミや汚れに気が付きにくいため、
せっかく掃除する時にも困ります。

煌々と明るすぎない程度の照明にして、
隅々にたまった綿ぼこりや、尿ハネのあとの汚れを見落とさないようにしたいもの。

汚いとされるトイレこそ、常に明るくキレイにしておくことが大切です。

トイレに盛り塩を置く

悪い気を浄化するために、トイレにも「盛り塩」をしてくださいね。

塩は天然の塩を使います。
塩の量は大さじ1~2杯。
白いお皿に入れ、円錐状にしてこんもりした形をつくります。

トイレの床の隅っこに、目立たないように置きます。

トイレの場合は3日に1回は取り替えて、
使い終った盛り塩は、トイレにそのまま流すとお清めにもなりますよ。